SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SARAYA SDGs SOLUTIONS

互いに密接な関係にある
「衛生」「環境」「健康」という
3つのキーワードを事業の柱とし、
より豊かで実りある地球社会の実現を
目指しています。
この基本理念に深くかかわるテーマを中心に
SDGsを企業活動目標に取り入れています。

What's SDGs?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

世界を変えるための17の目標

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

OUR MISSION

代表取締役 更家 悠介

歴史は「必然」からではなく、「偶然」からつくられる。その意味では、いま我々の生きている現代は、非常に不安定であやふやで、未来に対して不確定な要素に満ちており、社会がどのように変化を遂げるのかは、全く予想ができない。しかし、もし未来から今の歴史を眺めた時、今は、地球温暖化や生物多様性の減少が進み、貧富の格差が広がり、摩擦や軋轢の多い、混とんのグローバル社会ができる、まさに入口であるように感じる。そのように、今が、歴史の分岐点になっている可能性は多いにあり、まさに現代は、いわゆる持続可能性の「ティッピングポイント」を超える境目にある。ゆえ、われわれは、地球を持続可能な形のまま、次世代に送りこむ大きな努力が必要である。

さて、2015年9月に、全国連加盟国(193国)は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030」を採択した。この計画が「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs) である。これは、持続可能な地球、そして社会、環境、経済を、未来の世代に託するためのアジェンダであり、国や企業、そして種々の団体が、このアジェンダの実現に向けて努力を始めている。この運動にサラヤも精いっぱいコミットをしている。

サラヤでは、ボルネオ保全トラストによる生物多様性の維持、ウガンダの衛生向上の取り組み、エジプトの砂漠緑化など種々のプロジェクトに加え、まさに自然派の商品、食品衛生、公衆衛生、医療衛生、健康食品など、本業を通じてこのアジェンダに参画し、「持続可能な開発」のゴールを目指して対応する。そのためには、日本や世界の地域に根差した商品開発、グローバルな視野と行動、新しい考えや活動によるイノベーション、そしてなによりも果敢な行動が必要である。まさに二宮尊徳の言う「道徳を忘れた経済は犯罪であり、経済を忘れた道徳は寝言である」ことを実践することが必要である。